読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車で行ってきた。

過去訪れたあちこちのことなどを、備忘録的に書いていきます。

(2017.3.1)九州遠征1日目!! 目指すは別府温泉!!

と、いうわけでついに九州に到着です!!

 

まだ夜も明けない早朝5時40分、フェリーは新門司港のフェリーふ頭に到着。早速自転車を組み立てて、まずは九州最北端の地、関門海峡に面した旧門司港に行ってみることに。

f:id:samayoicyarinko:20170310203442j:plain

(ちょうど日の出の頃に関門海峡前に。海の向こうは本州下関、九州をぐるっと一回りして、再びこの地に戻ってくることを目指してスタートです!)

f:id:samayoicyarinko:20170310203641j:plain

(かつての海の玄関口、旧門司税関前にて)

f:id:samayoicyarinko:20170310203736j:plain

(旧大阪商船門司支店。門司港前は、このようにレトロ感あふれる建物がいくつもの残されています)

 

そして門司港を発った後は県道25号、そして国道10号線を使って行橋市方面へ。すると、前方から何やら腹にこたえる大音響が。国道10号線沿いには航空自衛隊の築城基地があるのですが、ちょうどそこの部隊の訓練開始に鉢合わせしたようです。

f:id:samayoicyarinko:20170310204322j:plain

(これはT-4という中等練習機ですが、練習機でも普段ホンダエアポートで見かけるセスナ機とは段違いの速度でかっとんでいきました)

f:id:samayoicyarinko:20170310204333j:plain

(こちらはバリバリの戦闘機であるF-2。こちらに至ってはさらにものすごいスピードで、とても望遠レンズでは撮影することができませんでした。これらの飛行機が次々に離陸する様は、何というかとにかく圧巻でした)

f:id:samayoicyarinko:20170310205106j:plain

(空を見上げてはえー、と言っていると、地元のいつも見物しているという方からいくつか見物スポットを教えてもらえました。そのうちの1つに行ってみると、駐機場の戦闘機をバッチリ見ることができました!)

 

こうしてしばし飛行機の離陸を眺めた後は、再び10号線を使って一路中津市方面へ。ちょうど中津に到着するくらいで昼時となったので、観光がてら中津市内に寄っていくことに。

f:id:samayoicyarinko:20170310210528j:plain

(道の駅しんよしとみのフードテラスにて昼食を。こちらのカツ定食は500円でこのボリュームがあり、味もおいしくてとても良かったです!)

f:id:samayoicyarinko:20170310211255j:plain

(中津と言ったら福沢諭吉の生誕地。と、いうわけで全面的に福沢推しな感じです)

f:id:samayoicyarinko:20170310211352j:plain

(中津の中心地にある中津城。この城の石垣は黒田氏と細川氏時代のものが混在しており、それを見比べるのも中々面白いものでした。城内には中津大神宮と中津神社があり、こちらで道中の安全祈願)

 

こうして中津市内をぐるっとまわった後は、再び10号線を使って宇佐方面へ。

f:id:samayoicyarinko:20170310211736j:plain

(宇佐に着く頃には、曇りがちだった空も晴れ間が見えるように)

 

宇佐と言えば、各地にある八幡宮の総本社である宇佐八幡宮で有名です。ならばこれはもうお参りするしかないと宇佐神宮へ。

f:id:samayoicyarinko:20170310212306j:plain

(境内西にある、鎌倉時代から架けられているという呉橋)

f:id:samayoicyarinko:20170310212357j:plain

(境内は広大で、歴史を感じる佇まいでした! この神社でも道中の安全祈願をしてきましたが、ここの参拝は通常の神社と異なり、昔から"二拝四拍手一礼"という珍しい方法で行われているそうです)

 

本当はもっとのんびりしたい位でしたが、この時点ですでに15時頃、あまりのんびりしていると日が暮れてしまいそうです。そのため境内をぐるっとまわった後は、早々に出発してかつての豊後と豊前の国境であった立石峠方面へ。

この立石峠は標高でいうと150m程度と決して高い標高ではありませんが、すでに100kmほど漕いできた身としては少々しんどい登り道。ひいひい言いつつ、最後には手で押しながらなんとか峠を抜け、山間を抜けながら本日の宿泊地である別府をひたすらに目指します。

f:id:samayoicyarinko:20170310213940j:plain

(目指す別府はあの山の向こう)

f:id:samayoicyarinko:20170310213959j:plain

(明治30年に架けられた二連アーチ橋の赤松橋。この橋のすぐ隣に"羅舞"という昔ながらの喫茶店があり、峠越えで疲れた体を休めることができました)

 

そして本日最後の難所、赤松峠を越えると眼前には別府湾が。ここまで来れば目指す別府はあと一息です!

f:id:samayoicyarinko:20170310214437j:plain

(日も傾き始めていましたが、なんとか日没前に別府に到着できました)

 

こうして何とか別府に到着したのですが、別府と言ったら温泉です。と、いうわけで温泉も堪能してきたのですが、その模様などは次回まとめたいと思います。

 

それと先日、無事に全行程を終えて自宅に戻ってくることができました!! 帰ってきてからは一気に疲れが出てしまい、昨日今日は一転して家から一歩も出ていない状態です(笑

まぁ疲れが癒えたら、ここで楽しんだことを糧に新年度に向けて諸々の準備をしていこうと思います~

にほんブログ村 自転車ブログ 自転車旅行へ
にほんブログ村