読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車で行ってきた。

過去訪れたあちこちのことなどを、備忘録的に書いていきます。

サムライバーテープ、試しに使ってみました。

ここ最近忙しいので、今回は手短な更新です。

 

さて、前回の記事で取り上げたサムライバーテープ。

samayoicyarinko.hatenablog.com(前回の記事はこちらです。商品の特性などは、こちらを参照してもらえたらと思います~)

 

先日ついに届いたので、どのようなものか簡単ではありますが紹介してみたいと思います。

 

まず、パッケージはこんな感じ。

f:id:samayoicyarinko:20161012002428j:plain

(いかにもオリエンタルな感じです)

 

そして、肝心の中身はというと…

f:id:samayoicyarinko:20161012002440j:plain

このような具合で、長さ3m × 幅18mmのバーテープが2本入っています。

(ちなみに裏面には両面テープが張り合わされており、そのまますぐ使用できるようになっています。使用量の目安としては、この2本でドロップハンドル1台分になるようです)

 

木綿を丹念に織り上げた独特の織り柄が良い感じですが、木綿なのでコルクバーテープのような弾力性はまったくありません。ただ手触りは癖もなく、グリップも良好なので弾力性を気にしなければ良い感じと思いました。

ただ他の人も指摘しているのですが、末端部が少々ほぐれやすいかもしれません。これが気になる人は、ライターなりで軽くあぶるなり、木工ボンドなりで接着しておくと良いかもです。

 

ただ…これは商品の問題ではないのですが、やはり商品は実際に手に取って考えた方がよさげです。今回私は、自分の白を基調としたフレームに合うかなー、と思って白と茶が基調となったバーテープをネットで購入しましたが、いざフレームと合わせてみると少し色合いが違ってなんだかコレジャナイ感が…

よくよく考えると単色のサムライバーテープも販売されていたので、私の好み的には単色の方が良かった気がしてきました。この辺は、ちょっと失敗したかな、という感じです。

www.jitensya-kobo.tokyo(ちなみに、単色のサムライバーテープはこちらです~)

 

そのため、今回はバーテープを交換するのは見送ることにしました。けれどもせっかくなので、1本はチェーンステーガードとして、フレームに巻き付けて使用してみることに。

f:id:samayoicyarinko:20161012002451j:plain

(変速その他でチェーンが暴れてしまい、フレームに傷がつくことが割と結構あります。フレームを保護するのに、真田紐は耐久性抜群で丁度良さそうです)

 

これでしばらく使っていれば、風合いの変化もあって案外良い感じに馴染んでくるかもしれません。正直なところ、第一印象としてはちょっと色の選択間違えた感があるのですが、しばらく試しに使ってみようと思います~

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村