読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自転車で行ってきた。

過去訪れたあちこちのことなどを、備忘録的に書いていきます。

番外編:影武者の京都観光!

自転車以外

どうも、今回は影武者がブログを書いています。

 

IDとパスワードを乗っ取り、本人がいない間に勝手にブログ記事をアップ!・・・というのは冗談ですが、今回の京都旅行に一緒に行った影武者が今回は記事を書かせていただいております。

 

というのも、私は、相方より半日先に京都入りして、京都観光を楽しんだので、その模様を伝えてほしいと相方から要望がありました。(って、何か文章堅いなぁ・・・( ´ ω ` ))

 

さて、4月22日(金)の午後2時過ぎに京都駅に着き、ホテルに荷物を置いてから、どこに行こうかと考えました。

せっかくなので神社仏閣を見に行こうと思い、候補に挙がったのは次の2つ・・・

 

候補その①

洛西のほうにある梅宮大社。京都駅前からバスで40分ほどで行けます。境内には、宮司さんが飼っている猫が15匹ほどいるそう。

nlab.itmedia.co.jp

先日の記事に書かれていますが、一乗寺の方にある金福寺には福ちゃんという猫がおり、とてもかわいかったのです。猫好きとしては、とても魅力的。ちなみに、福ちゃんが元気だったときはこんな感じでお出迎えしてくれていました。

 

f:id:samayoicyarinko:20160430141256j:plain

f:id:samayoicyarinko:20160430141311j:plain

 拝観者上り口に案内してくれる福ちゃん。

 

 

f:id:samayoicyarinko:20160430141325j:plain

f:id:samayoicyarinko:20160430141338j:plain

とても人に懐いていてお行儀の良い猫でした。

 

候補その②

同じく洛西にある鈴虫寺。梅宮大社と同じ方面のバスに約40分ほど乗り、松尾大社前で降り、徒歩15分ほどの場所にあります。

 

find-travel.jp

 

正確には華厳寺というお寺で、お寺で鈴虫を飼育されていて、鈴虫の音色を聞きながら説法を聴くことができます。また、恋愛成就のお寺としても有名なようで、連休中などは、説法を聞くのに順番待ちで長蛇の列ができることもあるとか・・・

うーーむ、梅宮大社も捨てがたいですが、せっかく平日に行けるのと以前から有名だと聞いて気になっていたので、今回は鈴虫寺に行くことに。

 

京都駅前からバスに乗り、松尾大社前で下車。周囲は閑静な住宅街で、背後には京都の山並みが迫っています。

 

途中で渡った桂川からの風景

f:id:samayoicyarinko:20160430143701j:plain

 

googleマップを頼りにしながら迷いつつも鈴虫寺に到着!

f:id:samayoicyarinko:20160430143802j:plain

f:id:samayoicyarinko:20160430143828j:plain

 

石段を上がった先には、願いを叶えてくれるというお地蔵様がいらっしゃいます。

お地蔵さんの足元をよく見ると、わらじを履いていて、お願いをした人の自宅まで願いを叶えに来てくれるらしい(お地蔵様が自宅まで来てくれる姿を想像すると、ちょっと面白い)。そのため、お願い事をする際は、名前と住所(部屋番号まで!)を伝えなければならないとのこと。

 

f:id:samayoicyarinko:20160430144255j:plain

f:id:samayoicyarinko:20160430144321j:plain

f:id:samayoicyarinko:20160430144404j:plain

 

お地蔵さまにお願い事をする前に、お寺で受付を済ませて、説法を聴きます。

 

f:id:samayoicyarinko:20160430144543j:plain

 

f:id:samayoicyarinko:20160430144610j:plain

 

室内は撮影禁止なのですが、こんな感じのお部屋で鈴虫の音色を聞きながら、御住職のお話をお聴きします。華厳寺の由来や鈴虫を飼育するに至った経緯、お地蔵さまにお祈りする際の留意点などをお話しくださいます。

お茶菓子もいただけます。

 

f:id:samayoicyarinko:20160430144911j:plain

 

このお菓子、表面に黒いつぶつぶがあるのですが、これは天寿を全うした鈴虫を供養するために、引いて粉にしたものを練りこんでいるそうです。

というのは嘘で、シソの葉だそうです。(以上、御住職の説法を真似しました。こんな感じで、冗談も織り交ぜた軽妙な感じの説法でした。)

 

f:id:samayoicyarinko:20160430145515j:plain

 

 

お守りを購入した後、いざお地蔵さまにお願い事・・・

他の参拝者の方も熱心にお祈りされていました。